わたしはとてもパチンコが好きでした。

大学生の頃にはじめて付き合った彼がパチンコが好きで、わたしも一緒に行ったことがきっかけで、はまってしまいました。

最初はお店の中はうるさいし、タバコの臭いがきついし、まわりのお客さんはみんな怖そうな人に見えて、行くのがとても嫌でした。

親友の嫁が出産し、順風満帆に行っていたと思われるある日に「家の電気代が払えないのでお金を貸してくれ」と、言われその時。

私もお金がなくギリギリだったため消費者金融で5万ほどお金を借りました。

その次の給料日にすぐ返済し私は日々の生活に戻りました。

私は現在進行形で定職につかずバイト先を転々としているフリーターなのですが、一応貯金は小まめにするほうだしアルバイト自体も比較的何年も長期でやっているので、今までの日常生活で不安になったことはほとんどありませんでした。

もちろん不安が「ほとんど」なかったとは言いましたが、完全になかったわけではありません。

特に実家を出て一人暮らしのためにアルバイトを始めたばかりの頃は大変で、数万円ほど生活費が足りなくてピンチになったこともありました。

社会人になってからあまり月日が経っていなく、まだそれほど給料が多くありませんでした。

一人暮らしも始めたばかりで引越しをしたばかりだったので家財道具など必要なものもいっぱい買ってしまって貯金も底をついてしまいました。

生活するのにもままならなくなってしまって誰かから借りようとしたのですが、周りの友だちや家族にも誰からも借りれなくてどうしようかと悩んでいるとアコムのことを思い出しました。

毎年、冬になると趣味のスノーボードに行く。

共通の趣味を持つ友達がいて、よくその友達の1人と1泊2日や2泊3日で信州へ行くがその時の出来事である。

2月初旬で雪が多く降り出したころに、友達にスキー場へ行かないかと誘われた。もちろん私は、2つ返事で了承した。

会社の後輩の話です。結婚もして、子供も二人いるパパなのに、この人は本当にお金にだらしがないのです。

まず、自分ではお金の管理が一切出来ないみたいなのに、お金を持ちたがる(奥さんが家計を握るのを嫌がる)タイプみたいで、奥さんも甘いせいもあって生活費さえ入れてくれたらって、感じだったんだそうです。

でも、ある日旦那さんが、二人目の子供が生まれる時になって、奥さんにサラ金に借りたことを話始めたそうです。

私は趣味で音楽をしています。これは社会人になりたてのころの事です。

この頃は毎週音楽を演奏することを楽しんでいて、楽しんでいるうちにどうしても自分の楽器が欲しくなったのです。

自分は社会人とはいえ、まだお給料自体も低く、数ヶ月しか経っていないため自分で購入できるほどお金がありませんでした。

20代前半の頃、働いていた会社を辞めて東京に引越しして新たな仕事をすることにしたのですが、新生活をするのにはやはりお金がかかります。

引越し自体が初めてだったのであまり具体的な費用の計算をしていなかったのが原因ではあるのですが、不動産の契約から、家具・家電、移動費など細かい出費も多いです。

そこまで貯金をしていなかったですし、仕事をやめてから発覚した事実でしたので後には引けず、結局消費者金融で引越しにかかる費用を借り入れました。

少しお金が足りなくなったということから軽い気持ちで友達からお金を借りることになりました。

理由はというとバイクの購入資金が足りなくなったためです。

親に相談してもまったく相手にされず、兄弟も自分で稼いでから購入すればいいんじゃないのということで一円も貸してもらうことができませんでした。

今乗っている車を購入する時の話です。

前に乗っている車が車検の時期を迎えたので車検に出したのですが、診てもらった結果大きな問題が見つかってとても高額な修理費がかかってしまいました。

古い車でしたし高額な修理費を払うのも勿体無いと思い、車を買い換えることにしました。それが車検の切れる4日ほど前の話です。