専門学校に入るのにお金が必要で親にお金を借りました。

2年学校に通わないといけないのと、一人暮しをするのにお金もたくさんいり、アルバイトだけではまかなえないので親から学費を一年で200万近く出してもらい、2年で400万円近くになりプラス一人暮しの為に借りていた家賃を出してもらっていたなで500万円近く親に借りています。

アルバイトはしていても、光熱費や電話代、食費でアルバイト代は消えていきました。

長い年月を乗り続けていた自動車がありました。

10年以上の期間を乗り続けており、それなりにドレスアップなどを行っており、同一の車種と比較してもかなりの資金を費やした自動車として成立していました。

そんな自慢の自動車でしたが、車検を迎えた時にはその後2年間は乗り続けることを希望していたのですが、走行距離数も増えていたために、半年後にはエンジン回りに損傷が出てしまい、莫大な修理費用を必要としていました。

私は先日に10万円の借金を申し出ました。その友人は快く借金に応じてくれましたが、借金の理由を正直に話してほしいと言われました。

私は理由を話しましたが、顔から火が出そうなほど恥ずかしい思いをしました。

その理由と言うのが、共通の知人の結婚式に招かれていたのですが、お金が手元に無かったからです。その知人からは、お互いに早くから結婚式に招待されていました。

高校時代、周りのギャルに憧れてFINEなどのファッション誌に目覚めた私。

なんちゃってサーファー風のファッションだけでは満足できず、どうしてもサーフボードがほしくなりました。

でも、進学校で勉強も忙しく、外見が派手でも成績が良かったため、なんとか親や先生の目をかいくぐっていたこともあり、バイトをするのはあまり現実的ではありませんでした。

そこでカンパを募ることに!!

私は現在パソコンを使う職業「プログラマー」をしていて、日常的に目を酷使しています。

日常的にパソコンのモニターを眺めていると「疲れ目」や「ドライアイ」になりやすく、私もそれらの症状に悩まされています。

先日も仕事中に目が霞み、視界が狭くなったので「疲れ目」の症状だと思い目薬を差しましたが視界は狭まるばかりで一向に良くなりません。

仕事のし過ぎで「疲れ目」が酷くなって悪化していると感じた私は勤務終了後にその日眼科で目を診察してもらう事にしました。

お金が有るとあるだけ使ってしまうのは、今でも悪い癖なのですが、若い頃よりはだいぶマシになってきました。

それというのも、友達に十万円を借りて五年間もの長きに渡り返せず、ずいぶんと気まずい思いをしたからなんです。

そもそもの始まりは、親から預かっていた入院費用をウッカリして使い込んでしまい、退院前日にお金が無くてどうしょう!となっていた時に、泣きついて借りたお金でした。

私は、20歳のときにクルマの免許を取りたいと急に思い立ちました。

でも、働いていたとはいえあまりお給料はよくなかったため免許費用を捻出することが難しいかなと悩んでいました。

というのは、まだ働きはじめで貯金も出来ていないし、この先どのくらいで貯金が出来て免許費用に当てられるかが分からなかったためです。

そこで、いちかばちかと思い親に相談をしてみることにしました。