20代前半の頃、働いていた会社を辞めて東京に引越しして新たな仕事をすることにしたのですが、新生活をするのにはやはりお金がかかります。

引越し自体が初めてだったのであまり具体的な費用の計算をしていなかったのが原因ではあるのですが、不動産の契約から、家具・家電、移動費など細かい出費も多いです。

そこまで貯金をしていなかったですし、仕事をやめてから発覚した事実でしたので後には引けず、結局消費者金融で引越しにかかる費用を借り入れました。

少しお金が足りなくなったということから軽い気持ちで友達からお金を借りることになりました。

理由はというとバイクの購入資金が足りなくなったためです。

親に相談してもまったく相手にされず、兄弟も自分で稼いでから購入すればいいんじゃないのということで一円も貸してもらうことができませんでした。

今乗っている車を購入する時の話です。

前に乗っている車が車検の時期を迎えたので車検に出したのですが、診てもらった結果大きな問題が見つかってとても高額な修理費がかかってしまいました。

古い車でしたし高額な修理費を払うのも勿体無いと思い、車を買い換えることにしました。それが車検の切れる4日ほど前の話です。