私は現在パソコンを使う職業「プログラマー」をしていて、日常的に目を酷使しています。

日常的にパソコンのモニターを眺めていると「疲れ目」や「ドライアイ」になりやすく、私もそれらの症状に悩まされています。

先日も仕事中に目が霞み、視界が狭くなったので「疲れ目」の症状だと思い目薬を差しましたが視界は狭まるばかりで一向に良くなりません。

仕事のし過ぎで「疲れ目」が酷くなって悪化していると感じた私は勤務終了後にその日眼科で目を診察してもらう事にしました。

眼科医の所見では私は「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という症状でまぶたが下がってきている、と診断を受けました。

眼瞼下垂は放って置いても目に特に支障はきたしませんが、視界が狭くなったり見た目が悪くなるなどの弊害があるので治したい場合には主に美容整形でまぶたを引き上げる必要がある、と説明されました。

私はインターネットでその夜に美容整形のサイトを参照しまぶたを引き上げる手術の手術費を見てみると「50万円」と書いてありました。

そんなお金は私には無く、私はまぶたを引き上げる手術をする為に翌日、シンキという会社の近くに店舗があった消費者金融で新規契約して、自分のまぶたを引き上げる為の手術費用としてお金を50万円借りました。