お金が有るとあるだけ使ってしまうのは、今でも悪い癖なのですが、若い頃よりはだいぶマシになってきました。

それというのも、友達に十万円を借りて五年間もの長きに渡り返せず、ずいぶんと気まずい思いをしたからなんです。

そもそもの始まりは、親から預かっていた入院費用をウッカリして使い込んでしまい、退院前日にお金が無くてどうしょう!となっていた時に、泣きついて借りたお金でした。

そんなルーズな自分が、どうにもこうにも嫌いでしたが、返す当てもなくズルズルと好意に甘えつずけ一年また一年と返済できずにいました。

その間も友達は責めるわけでもなく、普通に接してくれていたのですが、借りた方が耐えられなくなってしまい距離を置いてしまったのです。

思い出しては、針の筵に座っている様な思いでした。

ちょうど五年が過ぎた頃、宝くじで五万円が当たりました。ああ、使いたい...と思いましたが、そこで心を入れ替えて残りの五万円を親に毎月一万円払いで借金をして友達に返済しまいた。

本当に馬鹿だったと思います。