私は、大学卒業後、のらりくらりしていました。

就職した不動産会社が、すぐに倒産してしまい、失業保険で生活をしていましたが、その受給期間が終了すると、収入も途絶えてしまいました。

そこで、銀座でホステスとして働くようになりました。割と、自分には向いていたようで、固定のお客さんも付くようになりました。

しかし、給料日までかなり日にちが空き、当面の生活費の問題が出てきてしまいました。

その悩みについて、私を可愛がってくれているお客さんに相談したところ、お金を貸してもらえることになりました。

50万円ほど工面してくれ、しかも返さなくても良いと言われたのですが、つい何日か前に知り合ったような人から、そんな大金を甘えることはできないと思い、頑張って働いて返すことにしました。

やはり、銀座に遊びに来るような人というのは、普通に出会う人よりもお金を持っていますし、気前も良いと思いました。

その借りたお金以外に、3万円をお小遣いとしてくれたので、それはありがたく頂戴することにしました。

その借金を返すために、19時から4時くらいまで働く日々でした。

辛くなった時もありましたが、2ヶ月で完済することができ、自分の稼ぐことのできる能力にも自信を持つことができるようになりました。