私は先日に10万円の借金を申し出ました。その友人は快く借金に応じてくれましたが、借金の理由を正直に話してほしいと言われました。

私は理由を話しましたが、顔から火が出そうなほど恥ずかしい思いをしました。

その理由と言うのが、共通の知人の結婚式に招かれていたのですが、お金が手元に無かったからです。その知人からは、お互いに早くから結婚式に招待されていました。

それなのに私はお金にだらしなく、結婚式に包んでいくお祝い金にまで手を出してしまったのです。

借金を申し入れられる人間なんて他にはいなかったので、恥を忍んで同じ招待客である友人に、お祝い金のための借金を申し入れました。

さすがにふだん気の良い友人も呆れてものが言えないという感じでした。そうは言いつつ、私を諭しながらも借金に応じてくれたことに、私は感謝の言葉もありません。

これまで消費者金融などからも借金をした経験があります。

借金から返済までしんどい思いをしたこともありましたが、今回の借金が私にとっては最もしんどいものとなりました。